人気ブログランキング |

古田兼任監督が退団、引退表明

古田兼任監督が涙の退団&引退会見
nikkansports.com

シーズン途中から「こんな成績では監督を続けるのは難しいかもな」って思っていたけど、とうとうこの日が来た。彼にはスワローズの黄金期を支えた1人として、ずいぶん良い思いをさせてもらった。本当にありがとう。そして、お疲れさまでした。

彼を初めて見たのはニュースで放送された都市対抗野球の一場面だった。相手チームもスコアも忘れてしまったが、ホームランを打った場面が流れていた。当時、スワローズには八重樫(現バッティングコーチ)が主に捕手を務めていて独特のバッティングフォームで楽しませてくれたのだが、ずいぶんベテランになっていて、他の捕手で八重樫捕手に変わるような選手がいない事もあり、「古田を取ってくれ」と瞬間的に思ったのを覚えている。

その願いが通じたのか、翌年にスワローズの古田捕手が誕生した。



入団2年目には首位打者を取り、3年目は30本塁打を打つなど優勝に大きな貢献をした打撃にも非凡なものもあったが、一番の魅力は捕球の上手さと盗塁時の二塁への送球だと思う。ピッチャーが変化球を低めにワンバウンドさせてしまったボールを上手く拾い上げ、素早い送球で盗塁を阻止した時などは、彼がホームランを打った時よりも興奮したものだ。(イチローがブレイクした年のオールスターでは3盗塁だったか4盗塁だったか忘れてしまったが、盗塁を阻止出来なくて苦笑いしていた顔も印象に残っている。)

しかし、その類い稀なる技術も年々衰え、数年前には全盛時には考えられないような捕球姿勢でボールを逸らす事がたびたび見られるようになり、早く後継者が出てこないかと考えるようになった。

古田捕手を評する時によく挙げられるのが「リード」。素人の僕が言うのはちょっと気が引けるが、他の捕手に比べては上手いとは思ったが、それほど凄いとは思っていない。テレビなどで解説者が予想した配球と違う配給をした時などに、古田を褒めたりするのを聞いたりしたが、自慢では無いがほとんど僕の選択肢の中にもある配球をしていた。配球で言えばやはり彼の師匠の野村監督(現イーグルス)の方が凄いと思う。野村監督の現役時代をあまり知らないので、現役時代で比べる事は出来ないが、スワローズの監督になる前に、テレビ朝日で「野村スコープ」と言って、ポイントとなる場面の配球を読むコーナーがあったが、すごく参考になったし、いろんな可能性を話されていて、とてもおもしろかった事を覚えている。だから、古田が全盛の時に「野村監督の頭脳があれば、鬼に金棒なのになぁ」と思ったものだ。

スワローズは野村監督時代に隔年で優勝したが、優勝出来なかった年は古田が故障か、調子が悪い年だった。だから、あの頃のスワローズは古田あってのスワローズだったと言っても過言では無いと思う。もちろん、彼の能力を引き出した野村監督の功績も忘れてはならない事だが、選手に力が無ければ何度も優勝などできるものでは無い。

また、古田は選手会長として、数年前の近鉄バファローズ消滅時に選手のみならず、ファンの立場も考えた勇気ある行動でプロ野球を救ってくれた。当時、最後まで粘り強く経営者側との交渉をし、ストを回避出来ずに記者会見場で見せた涙は今も忘れられない。

シーズンが終わったらしばらくはゆっくり休んで欲しいと思う。退団発表時にも涙を見せたが、毎日のように神宮へ足を運んでくれるファンに申し訳ない気持ちで一杯だったんだろう。また、もっと自分が元気にプレーしている姿を見せたかったに違いない。その悔しさが涙となって流れたと思っている。しばらく休んで、そのファンへの気持ちを忘れずに、球場に戻ってきて欲しい。

余談になるが、もう1人「指名して欲しい」と願った選手がいる。それは伝説の投手、伊藤智仁投手(現スワローズの投手コーチ)だ。彼が入団した時も感激したのだが、ケガで活躍した期間は短かった。あんな投手がまた見たいな。
トラックバックURL : https://chankin.exblog.jp/tb/6200838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from <徳島早苗の間> at 2007-10-10 00:50
タイトル : さらば「不世出のメガネ捕手」。 -古田敦也引退試合-
   10/7(日)に神宮球場へ行って来た。遅まきながら写真をUP。腕が悪くてブレてるのもあるがご容赦を。  ◆3万余が最後の勇姿を観戦 古田兼任監督引退試合◆  ◆古田選手兼任監督が引退試合 ファンに別れ◆  試合開始頃に到着したが、信濃町駅前には「本日の入場券は全て売り切れました」の看板が。  ファンクラブ窓口で招待券を発行して貰って球場へ。入場者数は今季最多となる3万3027人だったそうで、席には座れず立ち見となる。入れただけ...... more
Commented by capricciosam at 2007-09-23 08:38
chankin1さん、こんにちは。
ファンでない私が言うのも僭越ですが、古田は好きな選手でしたね。
好感が持てるんですよ。彼の人間性なんでしょうね。
>球場に戻ってきて欲しい
おっしゃるとおり、ぜひ再チャレンジしてもらいたいですね。
Commented by lemgmnsc-bara at 2007-09-24 22:08
ご無沙汰いたしております。
退団後の動向について、衆院選に出馬か?などと報じられていますが、やはりまだ野球界の人間でいて欲しいですね。政治家なんかいつでもなれます(苦笑)。国会議員は衆参あわせて800人くらいいますが、プロ野球の監督ってのは12人しかいないんですから。球界は貴重な頭脳の流失を防ぐ手だてを講じるべきだと思います。
Commented by chankin1 at 2007-09-25 00:32
capricciosamさん、こんばんは。

>古田は好きな選手
僕も好きな選手です。人間的にも誠実で魅力があります。
今のスワローズの雰囲気は、彼を中心に出来上がったものだと思います。これからも、このチームカラーを残しつつ、強くなって欲しいと思います。
Commented by chankin1 at 2007-09-25 00:35
lemgmnsc-baraさん、こんばんは。

>政治家なんかいつでもなれます

アハハ。そうですね。
個人的にはプロ野球のコミッショナーのような要職について欲しいです。でも、今のプロ野球では難しいかも。(-_-;)
Commented by tokkey_0524zet at 2007-10-12 18:33
高津臣吾投手がシーズン終了後に戦力外通告を受けたそうですが、もしこのまま引退なんて事になったらちょっと寂しいですね。

古田さんが「ファンに伝える場所がないのは本人もファンもつらいと思う」と球団批判をしていましたが。

もう少し考えて欲しかったと思います。

>プロ野球のコミッショナーのような要職
私も政治家なんかよりその方がずっと良いと思いますが、実現は難しそうですね。
Commented by chankin1 at 2007-10-13 00:58
>高津投手

本当に残念ですね。あえて球団の肩を持つなら、「他球団で必要とされるのでは無いか」と考えていたかも知れません。(何処かの球団が拾ってくれると良いのだけれど…)
でも、ここまでスワローズの黄金期を支えてきた一人である彼には、もう少し心配りが欲しいと思います。
スワローズは「仲良しチーム」と言われてしまうくらい、他球団に比べて選手には気を配ってきたように思えていただけに残念です。(広沢の事もありますが…)
by chankin1 | 2007-09-22 03:55 | Sport | Trackback(1) | Comments(6)

ほとんど毎日、明治のミルクチョコレートを食べていますw


by ちゃんきん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る