人気ブログランキング |

「THE有頂天ホテル」DVD観賞

以前、家のプレステ2は壊れた状態で使えない事を書きましたが、先日、ゲーム機の話を会社でしている時に、「家のプレステは壊れているから最近は何もやっていない」と話したところ、後輩のデザイナーが「どんな風に壊れているのですか?」と言うので、「ガガガっていって、ムービーが止まってしまうんだ」と話したら、「多分、DVDを読み取るレンズのスライドが上手くいっていないからだと思いますよ。フタを開けて油でも注してやれば動くようになると思います。家のもそれで直りました。」と教えてくれました。

それで、先日フタを開けてみると、そこには教えてくれたものと思われる読み取りレンズをスライドさせる2本のレールがあり、白い粉っぽいものがまとわりついていました。しかし、その粉っぽいもの以外には特におかしな部分はなく、「本当に油を塗るだけで直るのかな?」と半信半疑ながら、バイクのメンテに使っていた潤滑油を綿棒で補給してやって起動させてみました。すると、見事に動くようになったのです。今のところ、ゲーム、DVDビデオ共に再生中に不具合はありません。ありがとう。感謝感謝。(^_^;)

そんなこんなで、師匠に「プレステが直ったから、DVDが見られるよ」と話したところ、早速レンタルビデオ屋で2本の映画を借りてきました。その映画は今回表題にした「THE有頂天ホテル」と「メゾン・ド・ヒミコ」です。



「THE有頂天ホテル」

今週末はテレビで「三丁目の夕日」をやっていたのを観て、「THE有頂天ホテル」、「メゾン・ド・ヒミコ」と映画三昧になりました。

「三丁目の夕日」は以前に映画館で観た感想を書きましたので今回は書きませんが、再び大泣きをさせていただきました。「THE有頂天ホテル」は、僕は仕事で忙しかったので観ておりませんが、師匠が息子と一緒に観に行っていたものです。師匠が言うには「(僕が)観ていないから、借りてきてやった」そうです。「メゾン・ド・ヒミコ」は師匠が興味を持っていた映画なので借りてきたそうですが、僕もあるブログで紹介されていたのを読んで興味を持っていたので、借りてきてもらって良かったです。

さて、今回感想を書こうと思っている「THE有頂天ホテル」ですが、随所に三谷監督のテイストがちりばめられていて楽しく観る事ができましたが、残念ながら素晴らしい作品とは思えませんでした。脚本をどのように作ったか、出演者が決定してから付け加えた部分があったのかよく解りませんが、全体としてまとまりがないと言うか、どのようなメッセージがあったのか分からない映画だったように思います。

冒頭部分からしばらく登場人物のそれぞれのストーリーが平行して、或いは次々と展開していくのですが、その順番を変えれば良いのか、あるエピソードを削った方が良いのか、もう少し上手く絡められなかったのかと思いました。映画はそのストーリーや展開に無理と言うか「あり得ないだろう」という部分は付き物だし、そのような部分がなければ面白くないわけですが、その映画の中では「あり得る事」として観られるようにしてくれないと、僕なんかはその部分に引っかかって、余計な事を考えたりしてしまって、映画を楽しむ事ができなくなってしまいます。その点、この映画は引っかかるところが多かったですね。

所々の三谷さんのユーモアや出演者の個性が光っているところは面白かっただけに、少し残念でした。でも、「つまらない作品」とは言えないかなと…。暇な時に気楽に観ると楽しい作品ではあると思います。
トラックバックURL : https://chankin.exblog.jp/tb/4288849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chankin1 | 2006-12-03 02:03 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

ほとんど毎日、明治のミルクチョコレートを食べていますw


by ちゃんきん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る