ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
春風亭昇太 in SAITAMA
d0007585_5205879.jpg この忙しいさ中、会社で取引先の方と打ち合わせした後とんぼ返りして、埼玉芸術劇場で行われた「春風亭昇太 さいたまデラックス」という寄席に行ってきました。もちろん家族3人で。(^_^;)
 このBlogを読んでくれている方は、よく3人で行動する我が家族の事が書かれているので、「さぞや仲の良い家族だ」とお思いでしょうが、それほどでもありません(^_^;)。家の師匠が3人で行動したがるから、それに合わせているだけです。先日、北の国から別れの 便りが届きましたが、それと同じように内情は・・・って、家は適当にガス抜きができているからあのようにはならないと思いますけど。たぶん(^_^;)。



 話に出て来たついでなので、ちょっと書きますが、吉岡君と有紀ちゃんの離婚は寝耳に水でした。有紀ちゃんは好きなタレントだったので、結婚時には「幸せになってほしいな」と思っていたのですが、残念です。テレビで言われている話から想像すると、有紀ちゃんが「寂しかった」と言う事のようですね。この話は会社でも話題になりましたが、若い社員のAちゃんも「(好きな人とは)いつも一緒にいたい」と言っていました。家の師匠も同じですね。僕や既婚者であるIさんは、それほど近くにいなくても大丈夫。むしろ「遠くで頑張っていてほしい」派です。家の師匠やAちゃんのような「いつもそばにいたい」派の人は、どうやら自分の世界を作って、それにあわない生活をすると苦しむという「自爆派」のように思います。「もう少し、臨機応変に行動できないものか」とよく感じます。有紀ちゃんもいっその事、吉岡君の撮影現場についていくとかできたら、また違ったかも知れません。多分、有紀ちゃんの考える理想の妻像では、そのような事はしてはいけない事だったのでしょう。

 話が落語から大きくズレてしまいましたが、まぁ、芸能に関係していると言う事で許してください。

d0007585_4524392.jpg さて、話を戻して昇太師匠の寄席ですが、とても楽しむ事ができました。以前のエントリー(只今、「Tiger」動作中。)でも昇太師匠の事に触れましたが、久々に生で落語を聴き、腹が捩れるほど笑いました。今回の寄席はちょっとしたトラブルがあって、18時30分開場、19時開演と言う筈だったのですが、僕たちが18時40分くらいに会場についても、お客さんはロビーに溢れ開場していませんでした。結局、18時50分くらいだったでしょうか、開場されたのは。会場となったホールは「さいたま芸術劇場」の小ホールと言う場所で、250席前後のホールでした(写真参照)。写真を見てもらえばわかりますが、半円形の席が傾斜して演台に向い、左のフラットなところにも席が設けてありました。ちょうど、この写真で切れている左の部分に演台があります。チケットが上手く取れず、一人は離れてしまう事になっていました。連番の席はフラットな部分の前から2列目と最高の席。もう1つの席は写真で言うと、傾斜のある席の一番左の中段くらい。家族会議?の結果、家の師匠が一人でその席に座る事になりました。

 さて、開演予定時刻を少々過ぎ、開演を知らせるブザーと共にアナウンスがあると、ほどなく私服の昇太師匠が演台に立ちました。稀な登場の仕方で少々びっくりしましたが、彼の話で開場が遅れた理由がわかりました。その演台には、高さが1m20cm位あると思われる、まさしく高座と呼ぶにふさわしい演台が設けてありましたが、それが高過ぎたとの事。スタッフがバタバタして何とか今の高さまで低くしたらしいのです。もとはもう30cm位高かったそうです。(^_^;) 僕と息子は前列2番目だったので、あれ以上高かったら、首がおかしくなっていたかも知れません。ああ言うようなものの場合、舞台美術さんとか付かないのでしょうね。専門家の方がいたら、客席からの角度を考えたのでしょうけど・・・。その影響で、開場が遅くなった事、プログラムに変更がある事などを前説のような感じで、昇太師匠が私服で出て来た訳です。

 その話の中で、プログラム変更によって、当初「開口一番」をする予定だった瀧川鯉斗と言う前座が出られなくなったと言うので、紹介してくれました。この鯉斗さん、あの昇太師匠も出演していた「タイガー&ドラゴン」の虎児(長瀬智也)によく似てるんです。昇太師匠も言っていたけど「カッコイイ」。相当もてそう。今回は残念な事に噺はできなかったのですが、聴いてみたかったな。
 結局、段取りを変えて、立川笑志さん(上手いけど、師匠が家元なので中々真打ちに慣れないらしい)の落語、三増紋之助師匠のコマの曲芸を挟んで、昇太師匠は2つの噺をしてくれました。やっぱり、お客さんを噺に引っ張り込むのが上手いですね。最初に書きましたが、大笑いしてしまいました。(^o^;)/

 落語は良いなぁ。(^○^)

*さっき気がついたのですが、吉岡君の名前が吉田になっていました。(^_^;)
[PR]
by chankin1 | 2005-12-23 04:44 | Entertainment
<< 先ほど見た夢 ううう、眠い。 >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧