ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
タグ:人間 ( 11 ) タグの人気記事
菅政権から、人類の未来を考える(笑)
今回の政権交代、元々期待はしていなかったのですが、ここまで無能さを露呈するとは国民の皆さんをバカにしすぎではないでしょうか(笑)。菅首相に至っては、先日横浜で開かれたAPECで、胡錦涛国家主席と会談にこぎ着けたのは良いのですが、官僚の書いた原稿か自筆のメモか分かりませんが、うつむきながらそれを読んでお話ししてました。

あれは、礼儀を失しているのでは無いかと(汗)。子供のお使いじゃないんだから、自分の言う事ぐらいちゃんと覚えておいて欲しいですね。相手はなんと思うか考えられないのでしょうかね。胡錦涛さんの顔が少し「ブスッ」としたように見えたのは僕だけでしょうか? 首脳会談でメモ読みしてるところなんて見た事ないんですけど(汗)。商談でも何でも同じだと思うのですが、組織の長と話をするのにメモしか読まないなんて話にならんでしょう。胡錦涛さんは、いかりや長介ばりに「だめだこりゃ」って言いたかったんじゃなかろうか(笑)。

しかし、言葉を変えながらたびたび書いていますが、今まで積もり積った日本の埃が少しずつ認識され、どこにどんな埃が溜まっていたかが見えてきました。これは、政権交代してこその事だったと思います。そして、このことに関してインターネットは非常に大きな役割を果たしています。

この問題が顕在化する事が重要で、人類は何かが見えてこないと、なかなか理解しないし対処もしません。現在の菅政権の不甲斐なさは様々な問題を白日の下に晒し、政治と権力が一枚岩であった自公政権の体制が崩れ、以前では闇に葬られるような事も認識されるようになったことに寄与しているといえるでしょう(笑)。これらの事は、日本人はもとより、人類が成長する上で予定されていたものかも知れません。

このような事は、人間の脳を構成する神経細胞の働きに似ていて、世界中の人々の脳がインターネットによって繋がり、いろんな情報を受けて個々のフィルターによって変化させられたものが拡散し、その情報もまた変化させ、拡散されるというサイクルを繰り返すのでしょう。その後、「気付き」によって作られた新しいものや情報の複合によって生み出されるものが、同じように拡散されて、と繰り返される。これは、脳そのものの働きといっても良いのかも知れません。そう考えると、将来、人間の脳が巨大な一つになり、様々な事を考えるといったことが起きて行くのかも知れません。

中途半端になっていますが、以前、神の事や人間の事について考えていた中で、書き記したか覚えていませんが、ミクロ(個人)からマクロ(人類)に、マクロからミクロに相互に作用して、人類の将来が決定されるというイメージがありました。これは、ネットを介せずともなされる事だと思っていましたが、いまではネットの誕生・発展によって、その作用は加速度を増して活発になるのだと思います。

人間はひとりの人間でも善悪織り交ぜた様々な考え方を頭の中に同居させています。それらは遺伝子レベルで受け継いできた情報、人生を過す上で入ってきた情報に様々な情報を組み合わせて、思考する上での部品として貯蔵します。その加工の仕方、貯蔵の仕方は人それぞれで、環境や成長過程でずいぶん変わってきます。似たような考えを持っている人でも、完全一致は無いでしょう。これはマクロの、例えば、国の思考、人類の思考もほとんど変わりが無いと考えています。

こうして考えて行くと、現在世界で起こっている事は、人類が急激な思考上の変革期に入ってきたからこその現象であると考えられます。個で考えた場合、急激な環境変化にはパニックなど混乱を起しますが、それと同様な事が起こっているのではないでしょうか。非常に面倒くさいのですが(笑)。

この話は簡単に終わらないので、今日はこの辺で(笑)。





↑僕のツイートのまとめが見られます。
あまりつぶやいていませんが(笑)
[PR]
by chankin1 | 2010-11-17 06:27 | 人間を考える
自殺現場を見てしまった。
現在の日本は、毎年、自殺者が3万人を超えると言う。僕は以前電車通勤で、仕事の移動にも電車を使う事が多かったので、飛び込み自殺か分からないが、人身事故で良く止まる事があった。ところが、最近は電車利用も減り、そのような事に出くわす事も無くなったので、「年間3万人の自殺者」と言う情報は、にわかに信じがたいと言うか、現実感を伴っていないものだった。

しかし、昨日、日本の社会の病理の一端を見る事になってしまった。

朝の9時半ぐらいだろうか、家の師匠が「外が騒がしいよ」っていうので、ベランダから外を伺うと、「○○さん、やめなさい!」とか「相談に乗るから」と言う男性の大きな声と共に、「やめて〜」という子供の泣き叫ぶ声が聞こえた。それで声が聞こえる方にふと目をやると、紺のパンツを履いただけのはだかの男性が、15階建てくらいのマンションの12階部分と思われるベランダの手すりの上に乗り、今にも飛び降りそうな感じで立っていた。

すぐに「自殺をしようとしている」とわかった。それで「どうしたら良いのだろう」といろいろ考えを巡らせたが、結局、説得が上手くいって飛び降りを思いとどまってくれる事を祈るより無かった。その状況をずうっと見ているわけにも行かなかったので、何度か部屋に入ってはしばらくしてベランダで様子を見ると言う事を繰り返したが、状況は騒ぎが起こった当初と変わらなかった。しかし、騒ぎが起こってから1時間以上経過した頃から、男性が疲れたのか腰を曲げるような格好をし始め、早く救出しないと体力的に持たないのでは無いかと危惧した。

その予想は数分後に的中してしまった。目を離していたが女性の悲鳴らしきものと「バシッ!」と言う大きな音がしたので、急いでベランダに行き確認すると、男性の姿は立っていたベランダの場所には無く、マンションの下ではレスキュー隊員が数名、男性が落ちたであろうと思われる場所に駆けつけて何か作業をしていた。目が悪く、距離も少し離れていたのでよく分からなかったが、レスキュー隊員が男性を救急車まで運んで、救急車はサイレンを鳴らしながら病院まで行ったようだった。

しかし、今回の一部始終を見ていて、ベランダに立ったところで説得は非常に難しいように感じた。心配していろんな人が声をかけただろうが、会話するでも無く、ただただ、ベランダの手すりの上でぼう然とし、時々手を横に広げたりするだけだった。会話が出来るような精神状態では無かったのだろう。結局は、ベランダに行くまでに家族なり、知人が察知しなくてはならないのかも知れないが、非常に難しいとも思う。

このような自殺は多いのか少ないのか分からないが、何とか救う手だては無いのだろうか? スタントマンが使うような大きな空気を入れたクッションのようなものを広げられたら、衝撃も減るような気もするのだが・・・。
それよりも、一刻も早く自殺しないで済むような社会になって欲しい。

ご冥福をお祈りします。

※まだ亡くなったと聞いていませんので、先の文は早過ぎましたヾ(;´Д`Aアセアセ

埼玉Blog参加中!!

[PR]
by chankin1 | 2010-09-16 02:52 | 政治・Social(社会)
過去のエントリー、修正・加筆
久しぶりにこのブログの一番大きなテーマ「人間を考える」内の文章に、新しい情報を加筆しようと改めて読み直してみた。断りを入れているけれども、文章の稚拙さと考えをまとめ切れず整理もしていないので、非常に読み辛い文章になっていた事を改めて気付く。

でも、稚拙な文章と言っていては全く進まなくなってしまうので、気にしない(^_^;)。まぁ、「読みたい人は読んで下さい」って、投げ出す状態のエントリーだが、ゆっくりと作り上げていきたいと思う。だけど、この作業って、ガウディのサグラダ・ファミリアを作っている事と同じような気がするな。

修正・加筆したのは以下のエントリー

生物はなぜ死ぬのか(1)
生物はなぜ死ぬのか(2)

※修正・加筆しましたが、未だ文章が繋がらない部分も残っていますので、お読みになる場合はその辺をご承知の上お読み下さい。(^_^;)
[PR]
by chankin1 | 2007-10-18 01:12 | Diary(日記)
生物はなぜ死ぬのか(2)
エントリーが長くなってしまったので分割しました。

※改めて読み直してみると、言っている事がわからなかったり、中途半端に終わっている部分が多いですね。(^_^;) これからも、日々考えていく中で、何か見えてきそうな事があれば、加えたり修正したりしたいと思います。

生物は「死(寿命)」を望んでいるのか?
[PR]
by chankin1 | 2007-02-16 00:34 | 人間を考える
生物はなぜ死ぬのか(1)
人間を考える 3

前回のエントリーからずいぶん経ってしまいましたが、このカテゴリも続いていますよ(^_^;)。しかし、テーマが大き過ぎて、ひとつエントリーをアップするのにずいぶんと時間と労力を要します。今回アップするエントリーも何度も書いては直し、書いては直しを繰り返して時間がかかってしまいました。それでも、まだまだ十分なものではありません。項目によっては中途半端なままアップしているものもあります。ですが、こんな事を繰り返しているとアップできるのがいつになるかわからなくなるので、まとまりの悪いものでもアップしようと思いました(^_^;)。前のエントリにも書いた事があると思いますが、アップした後に修正、加筆をする事もあると思いますのでご承知置きください。(^_^;)

おことわり

お分かりと思いますが、このカテゴリーにエントリーするものは、学者でもない僕が個人の経験や少ない知識の中での考えている事ですので、到底答えを求める事などは出来ないでしょう。ですから改めて言う事でもありませんが、疑問に思っている事や僕なりの考えを書き出しただけのものです。興味がある方が軽い気持ちで読んでいただいて、書かれている事に突っ込んだり、間違いを指摘するなどしながら、各個人で考えたり答えを見つけていただけるようなものになれば幸いです。

さて、前回のエントリーでは・・・
[PR]
by chankin1 | 2007-02-15 21:48 | 人間を考える
DVD「メゾン・ド・ヒミコ」を観た。
この作品を観てからずいぶんと時間が過ぎてしまったので、忘れてしまったところも多いのですが、全体的な印象としては、マイノリティや異端(この作品ではオカマ)を取り巻く社会が受け入れるには時間がかかり、彼ら自身もさまざまな葛藤や世間からの偏見の中に生きている事が描かれていたと言う印象です。

この映画の製作者がどのような意図で作ったのかは知らないので、間違った受け取り方をしているかも知れませんが、社会におけるマイノリティの象徴として、「メゾン・ド・ヒミコ(ゲイのためのユートピア?)」を主な舞台にしたのではないかと思いました(単純にゲイの事をテーマにしたのかも知れませんが)。大ざっぱに書いてしまうと、僕自身はとても興味深く、熱心に見入ってしまいました。思わず笑うと事もありますが、基本的にコメディではないので「オカマ」自体に嫌悪感のある人には、受け入れる事が出来ない面白くない映画かも知れません。でも、人間の心と言うか魂、或いは考え方に興味がある人でしたら、いろいろ思うところがある作品ではないでしょうか。世の中のいろいろな事象に客観的な視点を持てる人でしたら、興味深い作品だと思います。

映画の感想はこの辺にして・・・
[PR]
by chankin1 | 2007-01-10 01:15 | Entertainment
エレベータ事故で考える(2)
 先日はこのブログでもシンドラー社のエレベータ事故から、現在の報道の足りないところやおかしなところを書いて見た(エレベータの事故で考える)のですが、今回は人や会社が提供する製品や物を「割と人々は信用して買ったり使ったりしているのだなぁ」と感じたのでその辺の事を書いて見たいと思います。

このブログには書かなかったようですが・・・
[PR]
by chankin1 | 2006-06-17 03:38 | 政治・Social(社会)
ちょっとのつもりが…
 忙しい日々が続いたので、ちょっと休むつもりがずいぶん日を置いてしまいました。休んでいた間にもご訪問いただいていた皆様、ありがとうございます。これからまた気持ちを新たにがんばります。(^_^;)

 さて、現在このブログのカテゴリにある「人間を考える」にエントリーする原稿をちまちまと暇を見つけて書いているのですが、なかなかまとまったものになりません。そのタイトルは「生物はなぜ死ぬのか」という途方もない事を考察しているからです。まぁ、研究者でもない僕がこのような問題を書くことは無謀であるのですが、人間について考えて行く上で避けては通れない問題であると認識しています。

 今考えている「死」は肉体の死であって、人間が選ぶ「死」の事ではありません。単に「肉体が誕生してから成長し、老化して死んでいくのには何か理由があるのか?」と言う事を考えています。ほとんどの生物は老化して死んでいきますが、この事は不思議に感じられるものです。若い内には凄まじい細胞分裂をして成長していたものが、なぜ老化をするようになるのでしょう。そのような事を考えて行きたいと思っています。

 ところで、最近の東京ヤクルトスワローズですが、日曜日こそ先発の藤井投手から木田、五十嵐、石井弘のリレーで勝利しましたが、まだまだ打線の方が本物ではなく、低打率で2つの借金で4位と言う状態です。中でも、古田監督はプレーヤーとの兼任で自分のコンディション作りが難しいのか、打率が現在.103と上がって来ません。でも、その内上がってくるでしょう。まぁ、5月から頑張ってくれれば良いと思います。

 頑張れ! 東京ヤクルトスワローズ!

※僕も草野球で打率が一割ちょいと酷い状態なので、古田監督に抜かれないように頑張りたいと思っています。


<06.08.30 追記>
だいぶ前からスパムコメントがこの記事のみに集中的に付くようになったので、この記事へのコメントを「不可」にしたのですが、なぜか分かりませんがまだ付くようです。コメントとして表示されませんが、この記事へのリンクは利いているようです。なぜなのでしょう?
[PR]
by chankin1 | 2006-04-18 00:14 | Diary(日記)
人はなぜ誕生したのか
人間を考える 2

「人はなぜ生きているのか」という問を考える時、人が行っている事、できる事のすべてを考え、知る事が重要なのではないかと思います。例えば、何か知らないものがあったとします。それがどのようなものか知るために、どのようにできたものなのか、どのような形や機能を持っていて、どんなことに使えるかを考えますね。また、動物ならその動物がどのようなものを食べ、どのような行動を取り、周りにどのような影響を及ぼすかなどを観察して、自然の中での役割を探ったりします。ですから、人間の生きている意味を考える時、それらと同じように人間はなぜ存在し、どんな力があり、どのような事ができ、どのような事をしているのかを知ることは、大変重要だと思うのです。

生命の起源・・・
[PR]
by chankin1 | 2006-01-22 04:56 | 人間を考える
なぜ「人間」をテーマとするのか
人間を考える 1

 この壮大な、ほとんど答えが見つからないと思われるテーマを何故考えるのか。それはこの世に生を受けて48年が過ぎましたが、考えても考えても答えが見つからないテーマで、一番興味を魅かれる問題だからです。この難問は古くから偉大な先人達が考えてきた問題であるのに、現在もなお「素晴らしい」といえるような世界にはなっていません。そのような難問の答えなど、能天気に生きてきた僕が答えを見つけられるでしょうか。多分それは難しい事でしょう。しかし、「答えを知らないから知りたい。」という単純な動機であっても、このテーマは一生をかけても考える価値のある事だと思います。確たる答えを知らず、難しい問題だからこそ面白いというものです。このようなエントリーですから、ここに書くものは本来なら人に見せられるようなものではないかもしれません。なぜなら、整理していない自分の机の引き出しを見せるようなものだからです。

それからこのエントリーを・・・
[PR]
by chankin1 | 2006-01-16 00:10 | 人間を考える
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧