ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
お気に入りブログ
人気ジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
タグ:マスコミ ( 29 ) タグの人気記事
原発は減らして行く方向で良いんじゃない?
今回の地震、大津波の影響で福島原発や東海村の原発に大きな影響が出て、燃料棒の冷却用水からの露出が問題になっている。原発は運転を停止しても冷却をし続け、完全に冷やしてしまわないと熱暴走のような状態になり、いわゆるメルトダウンが起こり、格納容器を溶かして放射能を放出してしまう事になるという。

原発の構造をしっかりと勉強した事は無かったのだが、今回さまざまなメディアで報道しているのを見て、なんとも単純な構造なので驚いた。要は核反応で発生した熱で水を蒸気にしてタービンを回して発電する蒸気機関のようなものだ。それに、冷却装置も小学生でも思いつくような構造だ。熱い物を水に浸して冷やすだけだ。多分、放射性物質の管理の事を除けば、構造物としてはコスト的にも大した事が無いように思う。それを考えると、放射性物質の管理を先送りにすれば、非常にうま味のある発電所といえるだろう。どこの電力会社もやりたい筈だ(笑)。

しかし、こんな単純な構造なら火山国でもある日本は溶岩の熱を利用して作れそうなんだが・・・。

福島原発では1号機、3号機に水素が発生して建屋が破壊された。2号機も現在危ない状況のようだ。マスコミ取材では幸いにも建屋のみの損傷で終わったような事を報道していたが、格納容器に損傷が無くても冷却、制御用、センサーなどの構造物、配管が損傷している可能性がある。また、あれだけの爆発であるから、隣の原発施設などに損傷を及ぼしてもおかしくない。原発は先に述べたように冷やさなければならないし、中の状態を把握しなければ微妙な圧力の調整などをおこなう場合の障害になる。東電の会見時にそれを聞いたマスコミが無かったように思うのだが、気が付かないのか、気がついていて聞かないのか。後のニュースか何かで、安全弁が動かなくなったという話があったけれども、ひょっとしたら爆発時に損傷を受けたのかも知れない。

まぁ、色々あるけれども、今回の事はまるで想定外と言う事で、全てその場で対処しているのだろう。「これがダメだったら、あれをやってみよう」「それは出来ないから、こうしてみよう」と、東電のチームは、なんとか熱を冷まそうと懸命になっているに違いない。現場の人たちは被爆の危険性を侵しながら一生懸命に完全停止を目指して頑張っている事だろう。僕たち国民は祈るよりしかない。

日本は資源が無い国とされている。であるから、石油やガスなど化石燃料に頼らない原発は、発電施設としてこれからも重宝されるのかも知れない。しかし、一度、想定外の事が起これば、人間の手に負えないような事態になってしまう。現在の科学力では、まだ充分に活用できるような状況では無いのではないか。たとえ、メルトダウンを起してもそれに耐えられるような材質の開発。大地震が起ころうとも、免震技術などによって建物はほとんど揺れず、損傷もしない。大津波や台風等の来襲にもびくともしない建築技術等が確立するまで休ませてはどうかと思う。それに、防衛上も無い方がいい(笑)。

現在、燃料電池の出現で電気事情も変わりつつあるように思う。また、日本人は昔から自然を生かした技術を得意としているので、地熱、風力、バイオなどさまざまな自然エネルギーを使おうと思えば作れるだろう。ただ、そこに注力していないだけだ。




↑僕のツイートのまとめが見られます。あまりつぶやいていませんが(笑)
[PR]
by chankin1 | 2011-03-15 08:45 | 政治・Social(社会)
方便ってとりあえず言ったって事じゃないのか?(笑)
ご無沙汰しております。最近、更新してないな〜と思いつつ、世の中の理不尽さに触れるにつれ、少々食傷気味で相撲の八百長の話でも書こうと思っていましたが、前首相の鳩山さんの「抑止力は放言」発言が世の中を賑わしているようなので、こちらを採り上げたいと思います。

とは言え、大相撲の方も本場所までが中止になる事態。ちょっと書いておこうと思います。

先ず、八百長って何だろうって事です。家のマックに入っている大辞林第三版に拠ると、「〔八百屋の長兵衛(通称八百長)という人が相撲の年寄某とよく碁を打ち,適当に勝ったり負けたりするように手かげんをしたことから出た語という〕勝負事で,真剣に争っているように見せながら,前もって示し合わせたとおりに勝負をつけること。なれあい。いんちき。」と言う事であります。元々相撲に関係しているんですね〜(笑)。

それで、八百長があったから「けしからん」となっているわけでありますが、例えば、星飛雄馬(笑)。左門豊作との対戦で、バッターボックスに立つ左門の周りに幼い兄弟が現れて、星飛雄馬が力を存分に発揮できないという場面がありました。まぁ、これは「なれあい」とか「示し合わせた」わけじゃないので、八百長とは言えませんが、お互いの事を思いやって闘う事は普通にある事です。「示し合わせた」か否か、が問題であるなら、相撲の内容は問題でないって事ですかね? 現に今まで見抜けなかったわけですし(笑)。

しかし、この問題、とことん突き詰めて行くと難しいですよ〜。上り調子の人気力士が大けがでもして引退となったら、相撲協会もファンも不利益を被ります。場所前の稽古などでお互いの力量は分かるでしょうから、本場所では無茶をせず、流れの中で力量に見合った勝敗になるように、意識的にあるいは無意識の内に身体が反応しても不思議ではありません。

そもそも、八百長があったとしてどんな不利益があるのか。「客は真剣勝負を見に来ている」という事もあるでしょうが、賭事をしているわけじゃなし・・・。これより、マスコミの脱税問題の方が深刻なんだと思うんですけど、当事者であるマスコミは扱いませんね〜(笑)。

さて、もう一つマスコミの餌食になってる、鳩山さんの「方便」ですが(笑)、こちらも辞書で調べて見ましょう。

た つき [3][1]【〈方便〉・〈活計〉】
〔「手(た) 付(つ) き」の意。古くは「たづき」。中世以降「たづき」「たつき」。現代では「たつき」が普通〕
① 生活の手段。生計。
「賃仕事などムとして/高橋阿伝夜叉譚魯文 」
「此地に_もとむとて/たけくらべ一葉 」

② 手がかり。手段。方法。よるべ。
「君も人々に交りたまふ_あらむ/文づかひ鴎外 」
「説教などして世渡りの_ともせよ/徒然188 」

③ (様子などを知る)手段。見当。
「をちこちの_も知らぬ山中に/古今春上 」

とあります。ま、今回は普天間移設に関連して国民を納得させるための手段と考えていいと思います。多分、マスコミやそれを批判する人たちは国民や沖縄の人たちに「嘘」をついたといって問題にしているんだと思いますが、
問題は、「抑止力は無いと思っているが、とりあえず『抑止力』と言っておけば納得するだろう」ということだと思うんですよね。つまり、「色々勉強しても抑止力は大して無いと判断できた」と言う事でしょう。では、何が普天間移転の障害になったのか・・・。その経緯や障害となったものを調査、取材するのがマスコミじゃないでしょうかね〜。

劣化しているマスコミにこれらの事を望んでも仕方ないのかも知れませんが、情けないですね(汗)。



↑僕のツイートのまとめが見られます。あまりつぶやいていませんが(笑)
[PR]
by chankin1 | 2011-02-17 09:37 | 政治・Social(社会)
ウォルフレン氏の講演ビデオを観て
今、尖閣諸島ビデオについての考察を途中まで書いたノートの上に書き始めました。ずいぶん長めの文章を書いていたのですが、まとまりが悪かったので下書き保存しておいたものです。しかし、その文章は永久に出ない事になりました。上書き保存してしまいましたから(笑)。

尖閣諸島の問題はニュースでもなかなか取り上げられなくなりました。先ほどニュースサイトを見てみましたが、YOMIURI ONLINEは「尖閣映像流出の海上保安官、処分は停職以上に」と関連して「『中国に親しみ感じない』77・8%…過去最悪」と流出職員に処分、「中国悪い」で幕引き間近という感じですし、asahi.comでも「中国、尖閣沖に常時監視船 海洋権益確保へ強硬路線」という見出しで中国がいかにも日本に威嚇しているような記事です。このことは注意深く尖閣諸島問題への両国の過去の合意、対処のしかたを見ていかなければなりません。

〈ここから引用〉
asahi.com(2010年12月19日3時2分)
 漁政310は、中国の監視船としては最速の22ノットで航行でき、初めて2機のヘリコプターを搭載している。11月下旬、初めて尖閣諸島周辺の全海域を巡回し、海上保安庁の巡視船に対抗する行動を取った。高官は「これまで例がない画期的な第一歩」と位置づけ、日本の実効支配に対抗していく考えを示した。
 この問題について中国高官が外国メディアの取材に応じるのは極めて異例。この高官は、監視船の常時巡航は「自国の海洋権益を保護するための当然の権利で、今後手を緩めることはありえない」と強調した。今後は監視船活動を対外的に情報公開して、主権をアピールしていくという。
 一方、「常時監視にあたるにはまだ不十分」とも指摘。政府が民間の漁船を組織して尖閣諸島周辺の海域に派遣して操業させ、「官民合同」で取り組んでいく姿勢も明らかにした。南シナ海では今春から、監視船が中国漁船と船団をつくる護衛船団方式の監視行動を始めている。
〈引用終わり〉

以前から書いていると思いますが、アメリカ、中国に限らずどこの国においても、体制と反体制があると認識しています。政府のやる事が気にくわない、自分が上に立ちたい、もっと権益を増やしたい等、いろんな考えを持っている人たちは少なからず存在する筈です。その存在を認識した上で、中国の高官が発言したとされる上記のコメントを読むと、朝日が書くような単一的な断じ方では間違った方向に行ってしまうでしょう。戦前の翼賛報道も似たような事があったのかも知れません。幸い、現在の日本では新聞を始め巨大マスコミ全体が信用されなくなりつつあり、さらにインターネットにより多角的な情報を取得できるので、以前のような事にはならないと思いますが、巨大マスコミは仲間はずれを怖がってか、同じ視点で書いている事を考えると、記者クラブ談合が自分たちの既得権益を手放すまいと、ますます強固になっているように思いますね。

さて、先日、岩上安身氏が運営するWeb Iwakamiというサイトで「ウォルフレン教授の講演」ビデオが掲載されていたので見てみました。その後、単独インタビューもされ、アップされたのでそちらもお勧めです。長いですが、見ていただければ、現在の日本や世界に起きているさまざまな事に合点が行き、納得できる部分が多いと思います。

ウォルフレン教授について知らない方もいるかも知れませんので一言紹介を書いておくと「カレル・ヴァン・ウォルフレン教授は、1990年に『日本 権力構造の謎』、1994年に『人間を幸福にしない日本というシステム』という重要な日本分析の本を書かれています。(Web Iwakami)」という方だそうです。僕は何度も書いていますが、本当に本を読まない人間なので(笑)全く知りませんでしたが、話を聞けば日本を長年ウオッチ、研究してきただけあり、さまざまな事に詳しく解説されています。

話の中で、彼の小沢評は非常に注目に値する人物で、世界の政治家の中でも彼ほど卓越した人物はいないと言い切っています。また、管首相に対しては、野党時代において評価していたけれども、小泉路線に回帰してしまった現状に、失望しているようでした。

僕は菅さんについて、小泉政権に大敗した選挙で東京で唯一だったと記憶しているのですが、議席を守った事に驚きを持っていましたが、その後の言動をみると、口だけは上手そうだと言う結論です。薬害エイズの厚生省資料を出させた事が思い出されますが、あれも厚生省が他のもっと重要なことを隠すためのものだったかも知れません。まんまと乗せられたか利用されたのでしょう。

菅さんについて一番信用できない部分は、事件性の大きな、あるいは、政治的に大きな影響を及ぼすものには首を突っ込むけれども、三井氏の告発する検察裏金問題然り、石井紘基議員暗殺の問題然り、関わったにも関わらず、その後は全く知らんぷりです。一獲千金を狙うけれども、都合が悪くなるとさっさと手を引くところ、仲間を見捨てるところですね。これでは、国民のための改革など出来る筈がありません。結局は自公時代の小泉と同じになってしまいました。

小沢さんと党首を争った時、「頻繁に総理を変えては恥ずかしい」、「まだ数カ月なので、様子を見よう」などと書いているブログなどを見て何とも歯がゆい気がしていましたが、体裁を繕っている場合じゃないと思うんですけどね〜(汗)。案の定、尖閣問題にはじまる外交問題、沖縄知事選に候補を立てられない為体、国会運営の酷さなど挙げるとキリがありません。ま〜、他所の国は、アメリカに言いなりな日本(従属)という見方をして、日本と話をする時は、その後ろのアメリカにものを言っているようなので、大した国益の損失では無いかも知れませんが・・・(笑)。

日本人は、それほどまでにマスコミによって頭の中を空っぽにされてしまったのでしょうか。




↑僕のツイートのまとめが見られます。あまりつぶやいていませんが(笑)
[PR]
by chankin1 | 2010-12-20 15:46 | 政治・Social(社会)
証人喚問を主張する人々。普通ではありません(笑)
10月24日㈰、東京で「検察・検審の横暴を許すな!」というタイトルでデモ行動がおこなわれました。残念ながら僕は参加できなかったけれども、途中参加の人々も加わり、最終的には1000名前後の人々が参加したようです。

これは、ネットを中心に呼びかけられ、強固な組織がバックに無いにも関わらずたくさんの人々が参加されたようです。ネットの力を再確認すると共に、たくさんの市民が、政治団体や労働組合のバック無しで国や権力に行動を起しました。本当の民主主義の芽が出てきたと確認できる事例かもしれません。

【APF SP】
「検察・検審の横暴を許すな!」
ツイッターで呼びかけ約1000人


25日に行われた、衆院北海道5区補選で民主党公認候補が敗れたことについて、菅首相が「有権者の審判であり、真摯に厳粛に受け止めたい。政治とカネの問題も、影響があったとみることもできる」と述べたと言う事らしいですが、まだ政治と金を隠れみのにして、自分たちの政権運営の拙さから国民の目を逸らそうと言うのでしょうか?(笑)。

国会では野党が突っついて、小沢さんを政倫審とか証人喚問に呼べと民主党に迫っているような報道のされ方ですが、多分、民主党内の政権に近い議員達からも声が出ているんでしょう(笑)。昔の自民党と社会党の関係と似ていますね。しかし、政倫審や証人喚問をしてどうにかなるのでしょうか? 期ズレの問題は検察が不起訴として、証拠を作る事ができなかったものです(笑)。どのような質問をしようと考えているのか分かりませんが、結局は質問者側の自己満足の達成と公然と行われる「いじめ」のようなものに終わるのでは無いでしょうかね〜(汗)。

まぁ、実際そうなったなら、質問者は期ズレの事は触りくらいで、本題は4億円の出所を追求したいのでしょう。本来、検察がこちらを探していたのは周知の事で、当時の新聞には「天の声」とか「水谷から資金提供か?」等とマスコミが連日検察のリークを垂れ流し報道していました。結局、この手の話は無かったので尻すぼみになっていますが、完全な名誉棄損、人権侵害をマスコミがおこなった事例です。これらについての謝罪や訂正記事は見た事がありません。謝罪、訂正が無いと言う事は、自分たちは間違っていないと主張していると同義です。その自信はどこから来るのか? 全く理解できません。

検察は問題とされた4億円が、小沢さんが説明しているような真っ当な自己資金(当然、銀行口座や周辺にあたっている筈です)であった事が判明したので、苦し紛れに「期ズレを指示した」「容認した」として問題にしたのでしょう。それを国会議員が質問をして洗い出そうと言うのだから、笑っちゃいます(笑)。まさか国会で、検察と同じように怒鳴って脅迫すると言う手法は使いませんよね?(笑)。

今まで証人喚問が幾度か開かれましたが、結局、開かれても何も構図は変わりませんでした。係争前であるから、証拠となる資料は押収されているだろうし、黙秘しなければならない部分も出てくる。多額のお金をかけたくだらない国会パフォーマンスを見せられるだけでしょう。小沢さんはこのようなくだらないパフォーマンスになってしまう事が分かっているので、「検察が不起訴にした」「国会の指示に従う」という先日の記者会見になったのだと思います。議会制民主主義をおかしくする国会招致には付き合いたくないでしょうが、バカな国会議員が「どうしても」と言うなら付き合うしかないと考えているのでしょう。こんな状況になっても小沢さんは日本人を信じている。「きっと分かってくれる」と・・・。

そう言えば、秘書達の公判はどうなった?と検索して調べてみると、なんだか、まだ公判前整理手続が終わったところで審議はまだのようですね〜(汗)。いつ始るんでしょうか?(笑)。で、他に詳しい記事が無いかと探している内にこんな記事が・・・

与謝野氏
「大衆のリンチ裁判」と反対
小沢氏の証人喚問


与謝野さんは普通の事を言っていますね。証人喚問を要求する国会議員は、憲法さえも自分の都合で無視する人と考えても良いかも知れません。普通の事が考えられなくなっている人々。どうしたもんでしょうね〜。
[PR]
by chankin1 | 2010-10-26 15:04 | 政治・Social(社会)
マスコミは一旦、小沢氏不起訴の総括をすべし
前回は検察審査会への疑問、有権者の意識、マスコミの反応などちょっとずつ触れてみましたが、今回はマスコミについて考えてみようと思います。

今回の小沢氏に関する疑惑で検察が2度の不起訴を決定しました。しかし、この意味をマスコミは全く無視していると言っても良い状態ですね。検察審査会の議決は検察が不起訴とした事とは別に論じるべきだと思います。その理由のひとつは、「検察はプロで検察審査会はアマ」と言う事。そしてもう一つは、検察の「不起訴決定」は小沢氏に対するもの。検察審査会の議決は「検察の判断はおかしいぞ」と検察の決定に疑義を呈しているものであると言う事です。

検察の決定と審査会の決定は対象が違うのにも関わらず、同じ小沢氏の問題とひと括りにし、検察審査会が小沢氏に問題があるのでは無いかと言ったことから、「検察は許しても世間は許さない」的な論調で世論を誘導するのは小沢氏への人権侵害で、さらに言うと、民主主義を蔑ろにするような行為と言っても良いでしょう。

それにしても、マスコミが検察審査会の決定をここまで重用しているのは、検察審査会と同じ見方をし、「小沢憎し」で行動している事の証左で、小沢氏無罪の公算が大きな裁判後にどのような論調で発表するのか、今からワクワクします(笑)。

この問題をもう少し考えて見ると、他にも面白い現象が見られます。マスコミは様々な人などから得た情報をそのまま、時には加工しながら引用・参考にし、受け手側に手渡すのが仕事でが、その場合、素人からの、しかも分野が違う人の意見を紹介して前面に出す事はほとんど無いでしょう。例えば、どこかの災害で被害者からその場の状況を聞いたり説明してもらう事はあっても、その被害に遭った原因を聞いたり求めたりする事はありません。なぜかは書かずとも分かる事ですが、専門知識が無い人にその理由を聞いたとしても有益な情報を得る事は難しいし、間違った情報を流す事になるかもしれないからです。

テレビの自称「報道番組」では、大きな事件があると専門家を呼んで話を聞いたりする場面が見られます。しかし、ここにも素人が上記の理由で呼ばれる事はありません。つまり、当然の事ながら、マスコミは玄人の意見を聴いて結論や意見などを導き出してきたはずです。そうであるなら、検察審査会の議決は検察の決定とは意味合いが違うものとして論じ、扱わなければなりません。

また、先に書きましたように、検察審査会の議決を問題の延長線上に置く事は、主題に矛盾が生じます。問題となっている対象が検察は「小沢事務所の期ズレ」に対するもの、検察審査会は「検察の不起訴決定」に対するものと、全く違う対象なのです。(補足しますが、専門家の意見も必ずしも正解でない時があると認識した方が良いでしょう)

検察が最終判断した事件の風景と、
審査会から見た事件の風景は
別の視点である事を考えなければならない。

今まで見てきた検察とマスコミの関係から、検察はマスコミを通して世間の誘導、被疑者へのプレッシャーなどに使ってきたことが分かりました。一方、マスコミは検察から得られる情報は丸のみし、真偽を確かめずに他社を出し抜いてスクープが取れればそれで良しとし、それが毒饅頭であろうが責任は他所にあると責任転嫁をすれば良いとしてきました。そうして、検察は守秘義務を犯し、偽情報も流し、マスコミは見て見ぬふりで真偽も確かめず、自分の利益のために持ちつ持たれつで来たわけです。

何故、このような事になるのか? その大きな理由のひとつに、検察、マスコミのどちらも大きな権力を持っているが、国民の手によって差し替えるには大変な労力と時間が要ると言う事であると思います。民主主義とは市民の意見の集約が大きな力を持ち、そこから議員を選び、国家を運営して行く事です。ですから、この議員は役に立たないと思えば選挙で落選させる事もできますが、元来国民へのサービス機関でしかない検察やマスコミは、簡単に差し替えられないシステムになっています。

大きな権力は往々にして人の心をおかしくします。大きな権力でなくとも、会社の上司などでおかしな人がいると思いますが、権力を持つと言う事は、その人自身の力以上のものを持つと言う事で、一種の超能力と考えても良いと思います。自分が命令すれば、部下や支持する人がいろんな事をやってくれ、大きな事を実現できたりします。

話はズレますが、街を歩いたり車で走ったりすると、大きな建物や建造物がある事に気が付きます。それらは何百人何千人の手によって作られたものですが、一握りの力を持った人達の指示や発注によって作られたものでしょう。土建屋さん達が集まって、「こんなものを建てよう」とか「ここにこういうものがあったら良いね」と議論を重ね、お金を出しあって作ったものではありません。大会社の社長が鶴の一声で建てたかも知れないし、プロジェクトチームが提案したかも知れませんが、最終的には少数の人の決断で作られたものがほとんどでしょう。

それが達成できた時に、人は少しずつ変わって行きます。それが人として成長する方向に昇華できる人もいるでしょうが、「自分一人でいろいろ出来る」との幻想に嵌まって行く人もいるのです。映画や小説などで超能力を持った人が、悪の道に染まって行く話を時々見ますが、リアルの人にもそれと似たような事が起こると言う事です。

悪の道に嵌まると言った意味では、マスコミに関わる人たちは「嵌まりやすい」と言っても良いでしょう。大マスコミになればなるほど組織が強靭で強大であるので、それだけ自分が動かす駒も増え、社会に与える影響も大きくなります。「ビル一つ建てた」と言うより、「何千人、何万人を動かした」方が精神的に高揚する度合いが高いと思います。自分が書いた社説で世論が意図した方向になびいたとすれば、これほど幸福感や達成感を覚える事も無いかも知れません。余程自戒が無い限り、また、自分の利益を重んじ過ぎると間違った道から戻れなくなるでしょう。視聴率が良い例だと思います。

果たして、現在の大マスコミの上層部にいる人間に、常に自分の立ち位置を確認し、社会への影響などを鑑み、公正で公平であるかを考えて、報道と言う大きな影響力を持った仕事をしている人が何人いるでしょうか? 今のところ見当たりませんね〜(汗)
[PR]
by chankin1 | 2010-10-11 03:47 | 政治・Social(社会)
前田検事は検察組織の人身御供?
一昨日は前田検事の逮捕でインターネット上ではいろんな意見が飛び交った。そしてまた、TBSラジオのDig954では「検察ってどうなっちゃってるの?」というテーマ。ジャーナリストの江川さん、弁護士の郷原さんをゲストに招いて今回の事件について話し合われた。

Digの中では「検察の組織の見直し」も念頭に考えなければいけないとの内容の話があった。僕も全く同意見なのだが、今回の事件、前田検事は組織防衛か他の大問題を隠すため、カモフラージュのために差し出されただけなのかも知れないと思うのだ。確証が無く、カンだけなのではっきりとは言えないが(笑)、政治家(もちろん小沢氏を良く思わない勢力)・マスコミとの繋がりが非常に疑われる。

下に紹介しているマスコミとの癒着問題が話し合われているビデオやYouTubeにアップされているニュース映像などを参考に考えると、今一番怪しく思っているマスコミは朝日新聞。村木さん逮捕のスクープ。前田検事逮捕のスクープ。この2つのスクープは他のマスコミよりも濃密な検察との癒着が伺える。そして、そこに繋がるのが三井環氏の事件である。当時、三井氏と裏金問題で話しあっていた朝日新聞は、検察裏金告発に協力的で告発の段取りも打ち合わせてやる筈だった。ところが、告発用のジャーナリスト鳥越氏とのインタビュー収録の直前に突然逮捕された。多分、朝日新聞はここで悪魔に魂を売ったのだろう。検察の上層部に恩を売っておけば、後々他のマスコミを差し置いて特ダネが取れる。また、検察が味方になれば、怖いもの無しである。

当時の新聞を読んでいなかったので確認できないが、朝日新聞は三井氏に協力的であったにも関わらず、三井氏を守れなかった。いや、守らずに売ったのだ。電話の盗聴で検察に漏れたと考えられなくも無いが、関わっていた朝日新聞、テレビ局の関係者いずれかの検察と癒着している人間から漏れたと考えた方が納得がいく。朝日はこの時に検察に恩を売り、優先的にスクープをもらうようになったのでだろう。三井氏は今年晴れて出所できたのだが、この事件で出演した地上波のテレビは、鳥越氏が出ている「ザ・スクープ・スペシャル」のみのようである。テレビ朝日はどうしてもっと大々的にやらないのか? 報道ステーションに呼んだらどうだ? 朝日新聞はどうして特集を組まないのか? この事が僕の推測を一層補強している。

当時、三井氏は政治家にも協力を求めたらしいが、共産党、自民党の野中氏、当時民主党の代表だった菅さんにも三井氏自ら訴えて協力を求めたと言う。しかし、対応をしてくれたのは菅氏のみだったらしい。秘書らに指示をして資料を集めたり、国会で追求しようとしていたようだが、うやむや。どうも菅さんは故石井紘基議員の事と言い、しばらくは燃えるがすぐに冷えてしまうようだ。

参考ビデオ「BS11 INsideOUT 権力とメディア 世論誘導の実態」
しかし、このビデオのマスコミ人2人。「恥を忍んで」と言ってるが、とんでもない事を暴露してるな〜w

今回、村木さんが無罪になった事で、検察の犯罪立件の手法に疑問の声が上がっている。そこで取り調べの可視化問題が浮上する。現在は法務相が抵抗しているようだが、今後は可視化に動いて行くだろう。しかし、実は可視化なんて大した事では無いと思っているのではないかと考える(郷原さんは、可視化でほとんど防げると言っていたが)。

それは何故かと言うと、ビデオを撮っても裁判までは開示されないだろう。ならば、今までのように、リークという美味しい餌をマスコミにちらつかせれば今までの検察の思惑通り、マスコミは内容を針小棒大に尾ひれをつけてまき散らす。犯人への印象を自由に操れる部分は全く変わらない。裁判になる頃には国民に被疑者の心証を貶める事が出来るし、新聞報道を被疑者に見せてから取り調べすれば、被疑者が抵抗できなくする事も可能だと思っているだろう。であるから、可視化だけでは無く、他の証拠として押収したもの全ての開示を出来るようにする事、リークには厳しい罰則などを適用するべきだろう。また、検察と言う組織の抜本的な見直しが必要である事は言うまでも無い。

今回の事件、朝日と読売の論調が少し違うようだ。出し抜かれた読売は朝日に対して対抗意識を見せている。ひょっとして、検察は自分たちを守ろうとしてやったことが、誤って時限爆弾のスイッチを押してしまったのだろうか?w

〈追記〉
そう言えば、もう一つ「どうして発覚したか」の可能性として考えている事が有るので付け足しておきたい。それは、内部告発である。今報道されている前田検事の供述は、言うまでも無く検察のリークである。信用できるものでは無いw であるから、検察の現状を憂いた人物が返却物の中にフロッピーを忍ばせた可能性も無きにしもあらずだ。検察内部にもまともな判断が出来るあまのじゃくは、三井氏で存在が証明されているw 前田検事が「時限爆弾」と言ったとかの報道があるが、これは裁判をやって行く中での「時限爆弾」で、外に出す物では無かったとも読めるな〜w ひょっとしたら、こっちの方が理に適っているかも? だって、上のような事で組織を守れると考えるなんて、頭の良い検察としては考えられないもんな〜w
[PR]
by chankin1 | 2010-09-24 04:31 | 政治・Social(社会)
政権交代でいろいろ見えてきたな〜w
この前の民主党の選挙から、「新しい政治と古い政治」と言う言葉が散見されて、小沢さんが古い政治で、菅さんが新しい政治となっているようだ。そこで、新しい政治、古い政治とはどんなものか考えようと思ったのだが、いきなり凄いニュースが入ってきたので、そちらの方を取り上げたいと思う。

「最高検、特捜検事を逮捕…データ改ざん容疑」
YOMIURI ONLINE

「郵便不正事件:正義見失った敏腕 特捜検事逮捕」
毎日jp

「組織的関与の有無、焦点に 地検改ざん疑惑」
asahi.com

最高検が異例の早さで逮捕したようだが、「これは(ほかに飛び火しないように)口止めのためかも知れないな。」と、受け取られても仕方がない。前田氏だけの仕業にしておこうと言う判断か? しかし、最近の検察の仕事を見てると、どうも組織的に腐敗しているような気がするんだな〜。最近では、御殿場事件、白バイとバスの衝突死亡事件、志布志の選挙違反事件、佐藤元福島県知事の収賄事件など全て列挙するわけにも行かないのでこの辺にするが、大小いろいろきな臭い事件が沢山あってキリが無い。

この事件を聞いた時、Twitterで「前田恒彦・主任検事は日本の救世主かも知れない」と書いたが、いろいろ雪崩を起しそうな事件である。これによって、日本の膿がどんどん出てくるのかも知れないと思ったのだ。なぜなら、ほとんどの国民は検察が日本の良心だと思っている事だろう。しかし、それは全くの幻想であったわけだ。これで検察への目線が厳しくなり、「取り調べの可視化」「組織の見直し」「係争中の裁判への影響」など、検察は国民のための検察なのか、官僚権力の維持のための検察なのかが議論される事だろう。普通の知識人なら、前田主任検事だけの問題では無い事が分かる筈だ。もし、彼一人が悪いと言うトカゲのしっぽ切りに加担するものがいたなら、官房機密費をもらってたやつか、マスコミに出て国民を前に話す事が許されるような人では無いと言う事だ。マスコミのリトマス試験紙にもなる。

明日はTBSラジオのdig954で、この問題をヤメ険の郷原さん、ジャーナリストの江川さんが出演すると言うので、絶対に聞こうと思う。

あ、当然の事ながら前田検事も推定無罪なので、頭の片隅にいれておかなければなりません。

※埼玉ブログ参加をやめました。
今まで、クリックしていただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by chankin1 | 2010-09-22 02:50 | 政治・Social(社会)
死刑制度について考える
最近、ニュースや政治の事を取り上げる事が多くなったので、Web上のニュースサイトや掲示板を見たりするのだが、YOMIURI ONLINEでは記事のヘッドライン横に「(特集)大敗民主」「(特集)激震民主」などと過激な特集名があったw それが、現在は普通に「(特集)民主党」とかになっていて、趣旨を変えたのだろうか?と、疑問に思っているw

まぁ、それは良いとして、この記事を書く前にちょっと開いて見たら、【「党に計り知れないダメージ」小沢氏聴取に懸念】なんて記事があったので読んでみた。すると、代表選で菅首相を支持した中堅議員、別の議員として2つのコメントを載せていたが、何で、ちゃんと名前を書かないのかな〜? 名前を出すとコメントをしてくれないというのもあるかも知れないが、読む側からすると、中途半端な情報でコメントできないなw 政治家ならちゃんと自分の主義主張をはっきりと言うべきだし、マスコミならちゃんと名前を出せるような情報を載せるべきだ。他にも「関係者」とか分けの分からん情報ばかり流していて、「言ったのは私じゃないもんね。」という責任逃れが出来るような記事ばかり。もうちょっとましな記事にしろよ!って思うのは僕だけでしょうか?w

ところで、千葉前法務相が死刑を執行したとかで、一時大きなニュースになった。僕は以前から死刑制度は廃止で良いと考えているのだが、日本ではまだ制度存続の意見が多いようだ。

この前、実家に帰った時に母親と死刑制度の話をしたが、家の母親も存続論者だったw その理由は、「人を殺めたのだから、それと同等以上の刑が執行されるべき」と言うもので、殺人者に無期懲役も「やめるべき」と言う意見だった。無期懲役については「人殺しを何で税金で生かしておかなければならないのか?」とも言っていた。もちろん、僕は廃止論者だと言う話をして、いろいろ議論したかったのだが、自宅に帰る用意をしていた間際で時間が無く、次回まわしになってしまった。

先ず、死刑廃止を唱える一番の理由は冤罪が皆無では無いからだ。最近では菅谷さんの件が大きく報じられたが、既に刑を執行された受刑者の中にも冤罪が疑われる人がいたと言う。存続論者も命が大切だと思っているから、存続を唱えているのだろう。であるから、無実の人を死刑にする事は良くないと思っているに違いない。たまに、犯罪抑止には犠牲も有りうるという人もいるようだが、僕は犠牲になりたくないし、周りにもそんな人を作りたくない。そもそも犠牲を肯定するなら、自らあの犯罪は私がやりましたと言って犠牲になっても良いのでは無いか? そんな論も成り立つのでは無かろうかと思う。多分、それは出来ないだろう。なぜなら、犯罪抑止にどれだけの効果があるか分からないし、真犯人が再犯する可能性を残す事になるからだ。

また、裁判の判決で、「反省が見られない」等と言う言葉をよく耳にするが、やっていないと主張する被疑者には反省が無くて当たり前だろう。これで量刑が変わると言うのにも納得がいかない。菅谷さんは殺人をしていなかったのだから、反省と言われてもしようがない。

それから、犯罪の量刑は神では無い人が「この犯罪にはこれくらいの量刑だよね」って決めてるに過ぎない。法的責任があるかどうかも、「この犯罪はこの範囲までの責任」と決めているのだろう。例えば、イラクやアフガニスタンでは今も民間の人々が犠牲になっている。しかし、誰も責任を取らない。また、官僚の様々な不祥事が明るみに出ているが、彼らの不祥事は国民の生活に関わってくる。それで命を落とした人もいるかも知れない。そのような責任を問われた人がいるだろうか? また、耐震偽装でも姉歯さんが改ざんしたと罪に問われたが、偽装できるようなシステムを作ってそれを承認した方は何もお咎めが無し。JR関西の事故では、運転手のみならず、欠陥を放置していた社長も責任を問われた。それから言うと、欠陥のあるシステムを提供した側の責任も問われるべきでは無いか? このように、量刑などと言ったものは、人間がカバーできる目に見える都合の良い範囲だけを抽出して、それで満足しているだけなのだ。こんなことを言い出したら収拾が付かないと思われるかも知れないが、犯罪に結びつく様々な条件の中から収集が付くように抽出したものが正しいと誰が言えよう。

一方で、「妻や娘が乱暴され、生き埋めにされても『犯人を死刑にしないでくれ』と言えるのか」という議論もある。被害者遺族にとっては近親者が殺められたら、普通の精神状態でいられなくなるだろう。もっともだと思う。しかし、被害者遺族もイラクで起こっている事にはそれほど目を向けていないのでは無いだろうか? つまり、これも自分の身の回りで切り取っている事なのである。切り取るのは被害者だけでは無く、刑の執行をする刑務官も切り取っている筈。つまり、自分の近親者が殺められたわけでは無い人を殺さなければならない。受刑者によっては、冤罪が濃厚だと思われる人、改心して素晴らしい受刑生活をしていた人も殺すわけだ。彼ら刑務官は受刑者の犯罪を見たわけでは無い。自分の知るそこにいる受刑者は、普通の人だったりもするのだ。その人の断末魔を見る事さえ苦痛であるのに、ボタンを押すのだ。その苦痛は計り知れない。

では、犯罪被害者はやられっぱなしか?という議論になるだろう。どうしても、報復したい気持ちが強い人がいるなら、ボタンを押す役目を被害者遺族がやればいい。刑務官が犯罪者を処刑場に連れていき、首に縄をかけるまでをして、受刑者の床が落ちるボタンを被害者遺族が押せばいいのだ。その中には冤罪を疑われる人もいるかも知れず、そうでなくとも被害者遺族の気持ちは、以前にも増して複雑な心の揺れで一生苦しむ事になるだろう。なぜなら、犯罪は社会の病理の一部を切り取っただけだからだ。

埼玉Blog参加中!!

[PR]
by chankin1 | 2010-09-19 03:24 | 政治・Social(社会)
いよいよ面白くなってきた
これなんだよな〜、政権交代で一番期待してた事。元官房長官の野中さんが官房機密費のしとを一部明らかにした。薄々は感じていたんだけど、評論家と言われる人たちの普段の論評と政治に関する論評との違いが気になっていた。政治の話になると、他の話の明快さと違って曇りガラスから見てるような、そんな印象を持っていた。

名前の挙がっているテリー伊藤は普段から好きじゃなかったので、「ああ、やっぱりか」と納得するばかりだ。北野たけしも世間の評価は良いけれども、「それほどのものか?」とずうっと思ってた。頭はいいんだろうけど、やってきた事を見てみれば、人間の規範が普通の人とは違うってことがわかるだろう。

なんだろな〜? こういう人たちは自民政権が続けばいいと思ってたんだろうか? それともしがらみかな〜? ま、どちらにしても今回の事は、過去のしがらみから解き放たれるきっかけに出来る時。「だまされた〜」って思う人もいるかも知れないが、彼らも小さな人間だったって事だね。でも、一応普段から言っていた「説明責任」は果たしてもらおうw もし、ぬれぎぬだとしても、もらってない証拠なんて小沢さんのように書類も見せられないだろうなw ぬれぎぬを晴らす事の難しさを身をもって体験してくれw



埼玉Blog参加中!!

[PR]
by chankin1 | 2010-05-07 13:35 | 政治・Social(社会)
普天間問題の決着は着いてるんじゃないの?w
なんか、マスコミや民主党の反対勢力は、政権の誰彼がどんなことを言ったとかから揚げ足を取ろうってのか、いろいろ騒いでいるけれど、自分たちの主張はどうなのよ、って事を思うんだが・・・

民主党に対しても、何でこんなに長引かせるのよ、って思っている所でもある。

以前、漠然と考えていたのは、「マスコミがこんなに注目してるのなら」って事で、引っ張るだけ引っ張っておいて、最後は「アメリカさんにはグァムに引っ越してもらいます。」って事で、「現政権もやるな〜」って認めてもらおうっていう魂胆だと思ってたw
今もその可能性は捨てたわけじゃないけど、もうそろそろ終わりにしようよw

なぜなら、沖縄は反対のメッセージ。他の自治体も受け入れ拒否ならもう決まってるじゃん。アメリカが日本に主権があると認めているなら、同盟国の国民がいやだというのを無理強いするわけにもいかないでしょ〜。

これは、政権が変わっても同じでしょ? ならば、この問題は決着済みだと思うんだけどな。
社民党を閣内に入れたのも、グァム移転の布石だと思っている。そうでなければ、こじれるような人事をわざわざしないでしょ〜。

そりゃ〜、アメリカにとっては、思いやり予算もくれるような国は他に無いし、別荘的な大きな基地が出来るなら大喜びでしょう。しかし、そんな事は今のご時世、どこの国でやってるのか?

まぁ、この問題は時間が解決するし、こんなことに時間を割きたくないので他の話をしたいと思う。

今、最も僕が注目している問題は、外務省の密約にからむ、一連の文書廃棄問題だ。
これは我が国の歴史的にも世界での日本の立場を危うくする意味でも大問題だと考える。
なぜなら、密約に限らず、「自分たちに都合の悪いものは処分してしまえばいい。」と言っている事と同じだからだ。この処分をしたものは国賊といっていいだろう。これこそ、世界的な日本の信用と地位を落としたものは無いのではなかろうか?

昨日、アメリカとロシアの核軍縮の合意がされたが、裏で何か合意をしていたとして、それを廃棄する事などどちらの政府もおよそする事は無いだろう。それは、当時、両国にとって最善と思われる交渉をして合意されたものだろうから、後に公になっても恥じる事は無い。それが結果的に自国の不利益になろうともだ。情勢は刻々と変化するものなので、結果が全てでは無いと思うからだ。

しかし、日本の役人はやってしまったんだな〜。北朝鮮、韓国や中国の歴史のねじ曲げと言われる事もあるけれども、日本ではついこの間の事をやってしまったんだな〜。信用がた落ち。てか、僕自身、様々な日本の事に疑いの目をさらに広げる事になってしまった。
こういう事を知ると、日本の外交などは完全に北朝鮮に負けてるな。もっと優秀な人材はいないのか?と思うけれども、僕が見る限り、日本の役所は能力では無くて、コネや派閥で上に行けるようなのでお先真っ暗だ。

マスコミは何でもっと騒がないの? 沖縄の基地どころじゃないだろ? って、ま、信用してないけどねw



埼玉Blog参加中!!

[PR]
by chankin1 | 2010-04-09 01:00 | 政治・Social(社会)
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧