ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
「腐敗認識指数」って言うものがあるんだね
前に何度か書いているから知っている方も多いだろうと思うけど、僕はMacを最初に購入した際に、LinkClubというインタラクティブ・コミュニティクラブに入会している。

年会費3,480円。

これが高いか安いかは別として、会員には毎月Newsletterが送られてくる。入会当初は、もう10年以上前になるが、薄っぺらい小冊子で記事もそれほど多く載っていなかったのだが、最近は取材メンバーが充実したのか、コンピュータの話ばかりでは無く、取材対象も多岐に渡っていて、読み物として十分堪え得るものになってきた。



簡単に紹介すると、今回の巻頭は「イラク国立図書館長が語る、バグダッドからの日記—共通した歴史こそが国を統一する」は、今もなお戦闘の続くバグダッドで図書館の館長を務めるサアド・エスカンダー氏の英国図書館のサイトに掲載されたイラクの現状を伝える日記が、世界中の注目を集めているとの記事。

劇作家・演出家の坂手洋二氏のインタビュー記事。一水会顧問、鈴木邦男さんのインタビュー記事。「両面文字」と言う新しいジャンルの創作活動をする遠山由美氏の紹介記事、などなど。

今回の記事はどれも興味深いものだったが、最近の日本の社会関連で興味深い記事があったので紹介したいと思う。

そのタイトルは「腐敗のデータでひもとく、欲望と倫理のバランスシート」。

この記事で初めて知ったのだが、トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)という組織がある。1993年に世界銀行のアフリカ担当局長を努めていたピーター・アイゲンがベルリンに設立。毎年10月頃に腐敗認識指数という各国の腐敗ランキングを発表しているほか、贈賄を提供する国のランキングを3年ごとに贈賄者指数として公表するなどしている。そして、TIの理念に賛同した有志が結集して別法人の支部を立ち上げ、現在は90カ国以上にも及んでいる。その日本の支部がNPO法人トランスペアレンシー・ジャパンであり、今回はその幹部に取材した内容を記事にしている。

NPO法人トランスペアレンシー・ジャパン

僕が興味を持ったのは腐敗指数ではなくて「腐敗認識指数」というところだ。つまり、本当に腐敗が存在するかどうかの指数では無く、腐敗が存在すると認識している指数なのだ。

ホームページに腐敗認識マップがあるので見ていただければ、世界がどのような状況にあるのか解りやすい。これを参照すると比較的社会情勢が安定している国はランクの上位に来ている。Newsletterに掲載されている表によると、フィンランド〈9.6〉、アイスランド〈9.6〉、ニュージーランド〈9.6〉がランク1。デンマーク〈9.5〉、シンガポール〈9.4〉、スウェーデン〈9.2〉、スイス〈9.1〉がランク2で認識指数が低い(10点満点)。逆にハイチ〈1.8〉が最低ランクの163で、ミャンマー〈1.9〉、イラク〈1.9〉、ギニア〈1.9〉がレベル160の最低ランクに位置している。ちなみに日本のランクは17〈7.6〉、アメリカは20〈7.3〉。

それで、腐敗を認識するとはどういう事か興味を持ったので、腐敗を認識する条件を考えてみた。

1)マスコミの見出しになったり、事件として発覚した事から認識する。
2)腐敗を行なっている当事者、または当事者の知人である。
3)自分の境遇と他人の境遇の比較から疑念を持つ。

もっとあるだろうが、今考えた中ではこの三つになった。しかし、(1)は実際に存在した腐敗出あるが、(2)は「腐敗」と認識していない当事者、または知人であるかもしれない。(3)は実際には腐敗は無いのだが、境遇の違いから「良からぬ事をやっているに違いない」と疑う場合も考えられる。であるから、腐敗認識指数がそのままその国の腐敗度になるとは限らないが、国民が何かしら不公正を感じている社会であるとは言えるだろう。

逆に言えば、社会が安定して幸福感を国民が感じていれば、例え実際に腐敗があっても気にしない、或いは感じないのではないだろうか。国や地域の中でも地方によって、生活の違いや、環境の違いなど、人間の心を動かすものの存在、例えば、大昔からほとんど風習を変えずに生活する部族や宗教が支える社会で生活する一部の人びとなどは、腐敗と言う概念さえ無い事も考えられる。

このように考えて行くと、腐敗があろうが無かろうが、自分の生活が他人と比べて厳しく辛かろうが幸福感を持てたなら、腐敗のようなものは自然に消滅していくのだろうと思う。
[PR]
by chankin1 | 2007-06-30 03:09 | Thinks(雑多な事を考察)
<< 久々のヒットと打点が付きホッ。 やっぱり、みんな気になっていたんだ。 >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧