ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
約束を反故にする日本(の首相)
 2006年8月15日、日本の小泉首相は靖国神社を参拝した。「もう、任期もあとちょっとだし、マスコミがちょっとうるさいかも知れないけど、(名前が)歴史にも残るよね」って考えたかどうかは別として、大方の予想通り参拝を強行した。

 日本には政教分離の原則があるが、信仰の自由も保証されている。これにはいろいろ議論があるが、今回の事にはあまり関係ない事だと思う。個人的には参拝して欲しくなかったが、参拝してしまったのは仕方がないとも思う。そう言う総理大臣を選んでしまったのだから…。今後、この事によって、さまざまな影響が出るかも知れないが、国民はそれに対処する心の準備をしなければいけない。

 でも、参拝したのなら、なぜ正式な神道形式の参拝をしないのだろう? そこもおかしい。あれは他国への配慮なのか? それとも、正式な参拝を知らないのか? あのような参拝の仕方でも、賛成していた人々は嬉しいのだろうか? 一国の総理が先の戦争によって命を失われた御霊にお祈りするのに、礼服を着ていたとしても、あんな普段着でお祈りするような参拝の仕方でも良いのか?って思う。特に、8月15日は首相本人が言っているように、特別な日であるのに…。

 今回のタイトルは「約束を反故にする日本(の首相)」としたのだが、「な〜んか、おかしいな」と思う部分があるので書いておこうと思う。



 日本は「堪え難きを堪え、忍びがたきを忍んで」ポツダム宣言を受け入れ、無条件降伏をした。であるから、極東国際軍事裁判(東京裁判)で裁かれた人々も連合国に言いたい事もあったであろうが、耐え忍んで「国体維持のため」に(自決などの選択肢もあったと言うのに)甘んじて受け入れたのだと思う。つまり、対外的に彼らが「命を捧げるので、(国を)許してください」と言ったと同意だと考える。それは当時の戦犯とされた方々にとっては悔しい事もあったに違いないだろう。しかし、それらの事を承知して受け入れ「国のために命を投げ出し、許してもらった」のだ。そして、連合国は「それで許そう」となった。

 それが、昨今では「あれ(東京裁判)は、正当な裁判ではない」とか、「無効だ」とかの意見が見られるようになり、表に多く出るようにもなった。それは、国内的または自分には気持ちが良いだろう。当然の事だと思うかも知れない。だが、相手国に「これで許してください」と言っていたのに、「やっぱり、あれ(東京裁判)は無効だよね。彼らには罪は無いよね」とか、「もう刑は受けて、贖罪しているからいいのだ」と言って通用するのだろうか? 特に小泉さんの発言は戦犯とされた人々が、どのような思いで命を差し出したかを考えたものとは思えない。また、これらの発言は、清く東京裁判を受け入れた人たちの、意にも背く事になるのではないかと考えるのだ。これらの事はダブルスタンダードで、連合国では「約束を反故にした」と捉えられるのではないか。

 では、靖国にお参りは出来ないのか? と言うと、そういう事を言っているわけではない。どうしてもお参りしたいのなら、総理大臣をやめてからいくらでもお参りすればいい。また、総理官邸から靖国の方角に手を合わせればいいのだ。なぜ、総理大臣ではダメか。政教分離の事ではない。単に国を代表する人物だからだ。国として連合国に「この様な事で許してください」と言ったのだから、国の代表は今後もそれを貫き通さなければならない。それから開放されるのは、国と国の親密な相互理解が出来てからの話だろう。現状では無理な事だ。

 先の戦争を日本では「大東亜戦争」と言った。それは「大東亜新秩序建設のため」の戦争だと言うところから来ている。だとすると、現在のような中国、韓国などともめる事は、靖国に眠る命を差し出した人々の意にも反する事ではないか。なぜなら「大東亜共栄圏」として、「欧米諸国に対抗するための共存共栄の新秩序(国際秩序)を建設し、欧米諸国(特にイギリス・アメリカ)の植民地支配から東アジア・東南アジアを解放し、共存共栄圏を築く」目的があったと言う事だからだ。先の戦争を侵略戦争ではなく「共存共栄圏を築く」ものであったとするなら、現在のようにアジアの国と力を合わせる事が出来ない状況を、靖国の英霊達はどのように思っているだろうか。

 以上の事を身近な例に挙げるとこういう事になると思う。

 例えばオウム真理教だ。オウムと当時の日本は違うと思われるかも知れないが、いくつかのアジアの国には、それに近い存在と思われていても不思議ではない。オウムは一般人に重大な犯罪をした。現在は麻原をはじめ、多くの幹部は捕らえられ、裁判を受け、刑が確定しつつある。しかし、教団は名称を変えたが、信者を残し存続している。その中には未だに麻原を「尊師」と崇めている人もいると言う。その事について周囲の人々はどのように思うだろうか。今後、麻原の死刑が確定し実行されたとしても、彼の写真を毎日拝んでいる信者がいるのだ。教団施設がある自治体は気が気ではないだろう? 周辺住民の何人が、刑が執行されたからと言って、全てを許し付き合えると言うのか。

 逆に教団の内部から見るとどうか。先の事件を「尊師の深い御心で行われた事」と考えている信者もいるようだ。そのような人々は、周囲の住民に気を使いながらも、「尊師は素晴らしい事をしたのだ」と考え、毎日拝む事を忘れないだろう。また、「世直しと言っても、あの事件は良くなかった」と考えている信者もいるだろう。だが、教典はほとんど同じようなものを使っている。

 どうだろう? 今の日本の置かれた状況に似ているのではないだろうか?

 これを解決するには、お互いを知る事しかないだろう。人々は解らないものには不安や、危惧を覚えるものだ。お互いがお互いを理解できるような状況を作らなければ、いつまでたっても同じような事からさまざまな問題が吹き出すのではないだろうか。
[PR]
by chankin1 | 2006-08-19 03:41 | 政治・Social(社会)
<< ついにエアコンを替えた 最近の検索ワード-1 >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧