ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
ヨゼフ・ウィルコンの展覧会を観た
d0007585_2247332.jpg 一昨日の日曜日は、家の師匠と浦和駅に行ってきました。なぜ浦和駅に行ったかと言うと、9月に北海道旅行をする事になっているのですが、航空券の事で分からない事があるので、その手配を頼んだ旅行代理店聞きに行ったわけです。

 僕と師匠は飛行機にほとんど乗った事がありません。乗ったのが最近でも数年前。チケットをどうするだとか、搭乗手続きをどうするだとか、すっかり忘れていると言うか、システムも違っているようで詳しく聞きに行こうと思ったのです。

 その代理店には師匠が一人で頼んで、手配をお願いしていたのですが、何やら「チケットレス」と言うシステムがあって、「当日に空港で搭乗手続きをする際に、座席の指定も一緒にするように」と言われたそうです。しかし、せっかくの家族旅行なのに、席がばらばらになってしまうかも知れない。それではいやだなと思って、何とか先に座席を指定できないものか聞きに行ったのです。

 ところが信じられない事に、日曜日のお昼ぐらいなのに、しかも駅構内にあると言うのに、その代理店はお休みしていたのです(-_-;)。みんな、旅行の相談は平日にするのでしょうか?

 それで、仕方がないからチケットの件は後日にする事にして「ちょっと冷たいものでも飲もう」と言う事になり、浦和駅から少し離れたパイやらケーキやらと一緒に冷たいものが飲める喫茶店?でもない、ファーストフード?でもないなんと呼ぶのか分からない、ちょっとおしゃれっぽい所に入りました。



d0007585_22462543.jpg
 3階建てのその店の2階席には喫煙席があったので、2階に上がって窓から外が見られるカウンター席に座り、二人で冷たいものを飲み喉を潤しました。その席から見える景色は正面には建物が建っていて、見るものと言えば、道行く人々くらいしかなかったのですが、正面の建物に貼ってあったポスターがちょっと気になって見ていました。

 すると、師匠が「あのポスターの展覧会は○○さんが観てきて、『なかなか良かった』って言ってたよ。浦和美術館でやっているらしいから見に行こうか?」と言います。そう言えばここのところ、画家の展覧会と言えば昨年のエントリーで書いた「浜松市『秋野不矩美術館』に行きました」依頼だなぁと思い、また、ポスターに載っている作品にも興味があったので誘いに乗って見に行ったのです。それが写真の「ヨゼフ・ウィルコンの世界」と言う展覧会でした。

 ヨゼフ・ウィルコン氏はポーランドの絵本作家と言う事ですが、僕は全く知りませんでした。まぁ、元々それほど多くの画家を知っているわけではありませんが・・・(^_^;)。

 でも、観に行って良かった。とてもわくわくしました。彼の絵は技法にこだわらず、モチーフによって、或いは感じたままに画材や技法を使い分けているようです。一枚の絵の中にたくさんの鳥や動物が出てきますが、どれも生き生きしています。この様な絵はコンピュータでは描けないだろうな。今のタブレットやマウスでは、どうしても思考に邪魔なものが入ってきます。指先と筆先にどうしても一体感を持てないのです。今回の展覧会を観て、以前鉛筆や筆で絵を描いていた頃を思い出しました。それから、チケットの写真にあるように立体の彫刻も作っています。なかでも粗削りな木の彫刻が気に入りましたが、粗削りであるのにその動物らしさが伝わってきます。ウサギなどは草原にでもちょこんと置けば跳んで行きそうです。(^_^;)

 写真で紹介したパンフレットの巻末には、彼の絵が使用された各国の絵本が紹介されていますが、母国のポーランドや近隣のヨーロッパの国々はもちろんの事、日本や中国、韓国の絵本も紹介されています。日本の作品は遠藤周作氏の「天国のいねむり男」と安倍まりあ氏の「ネコ踏んじゃった!」の2作品が載っていました。

 この中でのお気に入りは、1990年のスイスの作品「Ein Baum Für Filippo」と1991年のアメリカの作品「The Brave Little Kittens」。「Ein Baum Für Filippo」は木の枝にたくさんの色鮮やかな小鳥が賑やかに留まっている絵ですが、一羽一羽の表情が生き生きしていて良いし、すごく楽しい感じがします。「The Brave Little Kittens」はトラ2匹と黒猫1匹の三匹の小猫が草むらにしっぽを立てて前を見ている絵ですが、三匹とも目を見開いて、小さいながらも「僕たちは負けないぞ!」っと言っているようで、三匹の冒険を見てみたい気になりました。

 と、言うわけで思いもかけず楽しい時間を過ごせたのですが、長野県知事選では田中氏が落選だそうで・・・当選された村井仁氏のお手並み拝見といきましょうか。
[PR]
by chankin1 | 2006-08-08 22:50 | Diary(日記)
<< 耳の中がごそごそと・・・ チームは大勝、打率も上昇!(草野球) >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧