ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
お気に入りブログ
人気ジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
お前の母ちゃん出べそ!
d0007585_17545578.jpg サッカーのワールドカップも終わって、今年の大きなイベントが過ぎ去ってしまった。オリンピックもそうだが、この4年に1度と言うサイクルはなかなか良い期間だと思う。この4年を巡ってさまざまなドラマが生まれる。ピークの短い競技では、一生に1度か2度しかないチャンスで、出場権が決定される場面ではこれまでにもいろんなドラマがあった。選考基準がはっきり決まっている競技は選手も納得するのだろうが、協議によって決まる競技では、悲喜こもごもだ。

 しかし、選手寿命の長い競技や才能の有る選手は別である。本人が引退しようと思っていたのに、周りの希望で復帰し活躍する選手もいる。その一人が今回のワールドカップのジダンだった。そして、カップを母国に持ち帰り英雄として凱旋するはずであった。ところが、決勝戦でのあの頭突きで、別の意味で時の人となってしまった。



d0007585_381685.jpg
 今回の事件?はリアルタイムでは見ていなかったのだが、当日のニュースで知った。僕自身はピッチ上の問題として捉えていたので、「また、マスコミが煽らなければいいのだが・・・」と思ったが、結局大きな問題となってしまった。各国のリーグ戦での出来事であればまた違ったのだろうが、ワールドカップの決勝戦だったと言う事もこれだけ大きくなった理由だろう。今はイタリアの選手が何を言ったかでニュース報道をしている。

 僕の子供の頃には「お前の母ちゃん出べそ!」と言う嫌がらせの常套句のようなものがあって言われた事もあったが、なんとも思わなかった。出べそじゃなかったし、その少年は母に会った事もなかったし・・・。(^_^;) イタリアの選手は自分が母親を亡くしているので「母親の事は言う訳がない」と言っているようだが、姉だとしても子供を産んでいたら母親だし、生んでいなくても母親になる可能性があるので、「なんだかなぁ?」と思ってしまう。

 人は誰かが感情を表すと、その理由や原因を知りたがる。そして、それを知ったら使ってみたくなる。相手の感情を動かしたくなる。受ける側も侮蔑の言葉として受け取る。このようにして、昔から人を貶めるような言葉が受け継がれてきているのだろうと思う。

 結局のところ、今回の事は当事者二人で処理すればいいのではないかと思う。

 ところで、サッカーと言えば、次期日本代表の監督がオシム氏にほぼ決まりそうだ。何やら、オシム語録の本が発売されている?ように、サッカーだけではなく、人生にも例えられるような語録があるようだ。野球界で言えば野村監督のような人か?

 だが、その報道や特集を見ていて気になった事があったので、少し書いてみようと思う。

 オシム氏の名前が挙がってから、ワールドカップそっちのけでオシムジャパン報道を盛んに行っていたので、サッカー界に疎い僕もオシム氏の事を知る事になって、その辺は良かったのだが、一連の報道の中で「オシムサッカーとはこれだ!」と言うような特集もやっていた。就任前までは、下位に低迷していた千葉をナビスコ杯に優勝させた手腕を高く評価する内容であったが、その中で「オシムサッカーは走るサッカー」という言葉があった。

 え? 「サッカーは走らなければダメだ」って中田が口を酸っぱくするほど言っていた言葉ではないのか? 何を今新しい事のように特集しているのか? また、「パスを送ったら、素早く空いたスペースに走り込みパスを受ける」「それをチーム全体で行う」と紹介していたが、「それって、他のチームではやっていないの?」「相手チームはそれをさせないようにディフェンスするのではないの?」と疑問が広がるばかり。元プロ選手の解説者もいて、なぜあのような報道しか出来ないのか? オシム監督と他の監督との違いが全くわからん。

 で、ジェフユナイテッド千葉のホームページに行ってみた。

 すると、その中に「オシム監督語録」と言うページがあったので、オシムジャパンを推測する上で何かヒントになるかと思って読んでみた。

 そこで2006年の中から、いくつか気になった言葉を拾ってみたい。

■2006年4月26日(水)広島戦にて
「一番最初にもいったが、今日のゲームはすごくいい経験になったし、もっといい経験をするには、逆転負けをしたほうがよかった。そうすれば、選手もどういうプレーをするべきか、何をしちゃいけないのかがよくわかったはず。本当に逆転されればよかったと思っている。」

「サッカーというものはすごく難しいしいスポーツなので、サッカーというひとつのいい学校だと思ってほしい。もし、サッカー学校を卒業したら、素晴らしい人生を送れると思う」

■2006年4月22日(土)磐田戦にて
「0点に抑えたからといって、相手の攻撃を100回受けて無失点もあるし、あるいは、いいプレーをしても相手が偶然に2点入れてしまうことだってある。数字だけでは語れないものだ。」

■2006年4月15日(土)FC東京戦にて
Q.サブメンバーが6人しかいなかったが。
「選手がいなかっただけ。実際はいますけど(笑)、前日にやった練習試合で情けないプレーをして、ベンチに座るべき選手がいなかった。」

■2006年4月12日(水)新潟戦にて
「GKはミスしたと簡単にいうが、そういった目で見られるとGKも厳しい。GKがミスをせずに全部止めていたら、たぶん、彼はアーセナルにいるでしょう。」

■2006年3月18日(土)福岡戦にて
「巻には何もいうことはない。巻はジダンになれない。だけど、ジダンにないものを持っている。」

 このような記者会見の言葉は余り戦術的な言葉は聞けないだろうけれど、読んでみて感じたのは、「インタビューする記者にも教育をしているような受け答えをしているな」と思った。野球でもそうだが、何でも数字で判断する人がいる。率が高いとか、失敗が少ないとか・・・。あまりにもそれを追い求めると、スポーツは死んでしまうと思う。
 それから、オシム氏は基本的な事を何度も口にしている。「それがサッカーだ」と言いたいのだろうと思う。

 本当は、相手のマークを外すのにはどうするかとか、ボールを奪った時の走り方などを知りたかったのだが、そのような話は企業秘密で話されないだろう。しかし、サッカーを通じて個人個人の成長を願い、それに向かって指導しているように伺える。また、「負ける事」を必ずしも負と捉えていない。そこから学ぶ事が多く存在している事を知っている監督だと思った。まぁ、当たり前と言えば当たり前の事だが、この国のマスコミは「勝ってもらわなければ困る」「勝てば素晴らしいサッカーだ」と思っているところが多いようで・・・。
[PR]
by chankin1 | 2006-07-14 03:09 | 政治・Social(社会)
<< 携帯電話が完成 やっと通常に戻ったネット接続 >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧