ご確認ください
コメントを承認制にしました。TBは半角英数のみの拒否設定を使用しています

d0007585_1231722.jpg
神保・宮台の
ビデオニュース・ドットコム

無料放送もあります。

IWJ
フリージャーナリスト
岩上安身氏のサイト





「雑談日記」へ
カテゴリ
最新のコメント
コメントをありがとうござ..
by chankin1 at 23:59
参議院選挙 で 検索中で..
by 村石太マン&ケンサク仮面 at 11:30
体の気づかい、ありがとう..
by chankin1 at 10:07
言い忘れましたが、お体の..
by chikkenndo at 22:43
ムービーはいつになるかわ..
by chankin1 at 05:12
そうですか。ムービー・・..
by chikkenndo at 20:46
>chikkenndoさ..
by chankin1 at 09:39
こんにちは。 お久しぶ..
by capricciosam at 06:48
フォロー中のブログ
その他のジャンル
タグ
最新のトラックバック
除洗は不可能です
from 東京のばかやろーブログ
太陽光発電は利用可能だ
from 東京のばかやろーブログ
潔さも大事
from Anything Story
民主党と記者クラブ解体
from 東京のばかやろーブログ
エロコメント(嫌がらせコ..
from 湘南のJOHN LENNON..
あけおめでチュ~♥。(1..
from <徳島早苗の間>
メリークリスマス&ブログ..
from <徳島早苗の間>
手短かだけどおめでとう星..
from <徳島早苗の間>
「コンペ」って厳しい〜!
 僕がLinkClubでBlogを始めた頃から、お付き合いさせていただいているchimさんの「インテリアデザインを楽しむ」と言うblogがある。chimさんはインテリア・デザインの仕事をされているようだが、畑は違っても同じデザインをしているものとして共感する事が多々ある。

 先日、彼のエントリー「コンペ?」を読んでいて、共感した事があったのでトラックバックをしたいと思う。



 デザイナーの仕事は簡単に言うと、クライアント(顧客)の頭の中にある目的を、様々な事柄を参照し達成するために有効な手段を取り、具体的な形にする事である。

 chimさんは、インテリア・デザイナーでフリーと言う立場で仕事をされているようだが、ウチの会社はグラフィック・デザインをしている。カテゴリに違いはあっても、仕事の受注の仕方としては似たような形があると思う。今回トラックバックした記事のように、付合いのある印刷会社から「コンペ」のデザインを頼まれる事もしばしばある。これは業界のシステム(まぁ、システムと言うより慣習と言って方が良いかも)に起因している。

 フリーのデザイナーや小さなデザイン事務所では営業と製作を同じ人間がおこなう事が多いので、幅広い営業はおこなえない。それがシステマチックな仕事の処理を難しくしている要因でもある。大体の仕事はそれまで付合いのあるクライアントなり、業者からのものがほとんどになる。キャパの問題もある。仕事が増えてもそれをこなすだけの時間があるかどうかが問題になってくる。多くのクライアントを持った場合に、そこから受注する仕事の全てを賄い難くなるのだ。心ならずとも、懇意にしていただいているクライアントの仕事を断らなくてはならない。このような事から、中々新しいクライアントの仕事を取ってくる事が難しい。

 デザイン会社から見れば、コンペに出す仕事でも、基本的には実際にデザインするものと同等の労力がかかる。であるから、通常の仕事と同じとは言わないまでも、それなりの金額を請求してもおかしくは無い。しかし、この不景気によって、コンペ料を出すクライアントはほとんど無くなった。風潮としては「安ければ良い」と言う事にもなっている。景気が良かった頃は、「コンペ料」として通常の料金よりは安いが、それなりのものをクライアントも支出してくれていた。もちろん採用されれば通常の料金が保証されるが、不採用でもリスクを分配するような仕組みがあったのだ。それが現在のように、全て請負希望の業者負担になった事で、フリーのデザイナーやデザインの仕事だけで成り立っている会社は、そのリスクのほとんどを背負い込む事になる。

 印刷会社がコンペの仕事を取れた場合は、全体の料金からデザイン料を捻出する。であるから、多くは無いがそれなりのデザイン料は確保してくれる。しかし、コンペが通らなかった場合は、無理やり何かの仕事にその料金分を乗せると言う形になる。この場合、当然の事だが、料金はデザイナーに取って厳しいものになる。クライアント、印刷会社にはその辺の事をくみ取ってもらいたいものだ。

 最近は、景気が低迷している事もあってクライアント側には「安く、安く」と言われる。しかし、元々暴利を取っている訳ではない。いつもの値段より安くすると言う事は、赤字を覚悟せねばならない。デザインは大量生産できるものではない。一つ一つがオリジナルなのである。それを安くすると言っても限界がある。昔の人は良く言ったもので「安物買いの銭失い」と言う言葉がある。個人的にもこのような事は何度も経験してきた。真当な料金はその品質を上げ、引いては良いものとなって目的を達成できるものになるのだ。「安ければ良いと言うものではない事を考えてほしい」と思う今日この頃である。
[PR]
by chankin1 | 2005-11-04 19:39 | Diary(日記)
<< GV1394TV/Mが使えない TBスパムの次は「スプログ」? >>
トップ

ほとんど毎日チョコレートを食べていますw
by chankin1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
記事ランキング
以前の記事
ライフログ
ブログジャンル
画像一覧